2005年03月22日

木材から食料ができる?

きのこも木材から食料を作ることができますがそれとは違う話。

江崎グリコが植物を構成するセルロースからでんぷんの成分であるアミロースを高い効率で生産する技術を世界で初めて開発したそうです。
セルロースの地球上での年間生産量は穀物の50倍あるのですがそれを食料や工業材料に換えられる可能性ができたということですね。
これはすごい。

きのこを発生させた後の廃オガは再利用せずに廃棄している場合が多いはずなのでこの技術をぜひ応用してもらいたいものです。

しかし一見これで食料危機を解決できそうに思えますけどどうなんでしょう?
本当に食料危機が来た時、廃材以外の資源からも食料を作る様になるんじゃないでしょうか?
そうなればますます緑が無くなり状況が悪化するような気が・・・
bio1080 at 20:32│Comments(6)TrackBack(0)その他 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 燃海   2005年03月23日 17:29
スゴイ!!!
前年度まで某大学の森林資源科で勉強していたのですが…(平井助教授http://blog.livedoor.jp/scientist_hiro/がいる学科です)
森林にとってこの技術がどう働くかは分かりませんが、技術としては驚くべき成果といえると思います。
ごく少数の生物しかできなかった分解を、工業的にってことですよね。何年後かには、リグニンも利用できるようになるんでしょうか。
2. Posted by moji   2005年03月23日 17:32
あ、ハンドルネームを誤った…
"燃海"じゃなく"moji"です。ま、どっちでもいいんですが。
3. Posted by きのこまにあ   2005年03月23日 20:42
リグニンのことを考えると木材から食料を作れるというのは極端だったかも・・・
この技術は5種類の酵素を使うらしいのですがコストについては特に書かれていませんでした。

マリー・アントワネットが民衆が食料難に陥った時に言った「パンが無ければお菓子を食べればいいじゃない」的なことでなければいいのですが。
4. Posted by きのこ   2005年03月25日 00:44
廃オガで某きのこ栽培できますよ。描きだして栄養源とミックスすれば・・・
5. Posted by きのこまにあ   2005年03月25日 18:40
>きのこ
おおーもしかして本職の方ですか?
ハタケシメジなんか廃オガで栽培できるらしいですね。昔、廃オガを利用したアガリクス栽培にチャレンジしたこともあるのですが、培養時間や雑菌リスクの面で断念したことがあります。

なにかいい利用方法はないものでしょうか・・・
高温高圧でペレット状に加工すればバイオマス燃料として使えるのではと思ってるんですが。
ちょっと勉強してみようかと思います。
6. Posted by 燃海   2005年04月02日 00:45
こんばんは。ハンドルネームがなかなか安定しない…燃海です。
きのこまにあさんの言うとおり、「パンが無ければおケーキを・・・」なんてことにならなければ、ですね。
マテリアルの面から見た資源についてはリサイクル等問題として話されますが、その時に必要なエネルギー資源については忘れられてることが多いですよね。気を付けたいものです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
おすすめ本
QRコード
QRコード